日本語学校 教師アルバイト

日本語学校の教師アルバイト

 

引越しバイトの人の絵

日本に憧れる外国人の多くは、日本の映画、マンガ、ファッションなどのサブカルチャーに興味を持ってやって来ます。国内の日本語学習者数は約16万人にも上り、アークでは約40ヵ国900人以上の学生が勉強しています。世界が日本に注目している今、これからも学習者数はさらに増えることでしょう。日本語教師は、外国人に日本語や日本の文化を教える仕事です。まず、日本語学校に日本語教師として働きたい場合の資格について。「大学で主専攻あるいは副専攻の日本語教育科目を履修していること」「日本語教師養成講座において四二〇時間以上の教育を受けていること」「日本語教育能力検定試験に合格していること」以上のいずれかひとつに該当することを採用条件にしている日本語学校が多いようです。資格はこんなところですが、日本国内で日本語教師になるのはそう簡単ではありません。「日本語教師になりたい人」に比べて、職場である日本語学校が少ないからです。また、なれたとしても仕事として続けていくのは大変です。非常勤講師として就職した場合はアルバイトと同じく「時給」で給料をもらうことが多くなります。(なので、他のアルバイトを掛け持ちとか、複数の日本語学校で働く人もたくさんいます)常勤講師や専任講師として働くのはなかなか難しいようです。ちょっとあやふやな表現が多すぎますが、日本語学校によって違うし首都圏とその他の地方ではまた条件が違うと思います。

 

                                                                 チェックバイト探しをするなら

 

バイト

 



倉庫のアルバイト

倉庫スタッフのバイトは、入荷や検品、仕分け、梱包、出荷など、様々な作業があります。それぞれの工程を担当している人たちが、うまく連携して作業を進めることが必要になるお仕事なので、作業をしていく中で協調性が備わるでしょう。倉庫内の作業は、空調はあまり期待できません。その為、冬は寒く、夏は暑いと思っておいた方が良いでしょう。

 

また、荷物の持ち運びがあるので、慣れないと腰痛になることもあります。しかしスタッフは男性ばかりということはなく、検品などで女性スタッフも多く働いています。

 

ある二人の男女が倉庫アルバイトを経験した時の体験談です。広い倉庫に金属製の棚がズラーっと並んでいて、そこに商品がおいてありました。
棚にはAとかBとか名前があって、棚も1・2・3と番号があると思います。商品の住所みたいなもんです。
そこにケースだったり段ボールを乗せた台車を持って行き、商品を集める。簡単作業です。

 

若い人よりも30〜50代主婦の方が多かったです。シルバー人材派遣から来られている方もいらっしゃいました。もう一人の方ですが、 検品、ということは、すでに別部署の人が箱詰めしたのを、注文書どおりで間違いないかチェックしたり、箱や品物に汚れや破損がないかみる。

 

そして、その書き方だと、おそらく正しいものやちゃんとしたものを取にいったり、戻したり、もすると思います。たいてい、雑貨や化粧品や、衣類です。
家具家電などは、別の倉庫なり業者直だと思われます。腕力より脚力です。若い人が比較的多いですが、中高年もチラホラいました。女性が圧倒的に多かった。男性だったら、配達とか、大型重量モノのほうが時給がいいからそっちを選択しますよね。

高齢者のアルバイト

自分の年齢が高齢ともなると、応募できるアルバイトも少なくなってくるのは致し方ないと思います。もし、応募できたとしても仕事内容に、はたして自分の身体が持つかどうかは本当気になるところです。

 

しかし、現在ではネット上でも高齢者用の求人情報もかなり増えてきた感じはします。

 

例えば、求人情報サイトで中高年層歓迎にカテゴライズされている求人情報を検索すればSEや補助要員、営業や、軽貨物運搬を主とする求人情報が出てきています。

 

しかし、SEや、JAVAなどの業務内容が載っているものは、プログラミングなどの技量をあらかじめ持っている事が前提になるので注意が必要ですね。

 

また、それ以外にもコールセンターやヘルプデスクなどの、デスクワークも業務ないとする求人も多いです。アルバイトでは簡単な各種補修工事などの求人、ガーデンショップでの鉢物、苗、ガーデングッズの販売などの求人があります。

 

結構、中高年者アルバイトを検索した場合、業務委託や契約社員としての雇用形態が結構多い感じで、アルバイトやパート形式の雇用はあまり見当たらない印象があります。