工場のバイト

工場のバイトはどう?

引越しバイトの人の絵

良く、接客の苦手な方は工場のバイトや、単純作業のバイトをする人が結構います。工場のバイトは、どうも難しそうなイメージがつきます、そして機械に詳しくないと出来なさそうな印象があるのではないでしょうか?
基本的に工場のバイトは、単純作業が多くてきつい、もしくは大変である、また派遣社員の方の方が時給も高いということもあり、結構大変なようです。そこで、工場のバイトには長期的なものと、短期的なものの、2つの契約形態がありますが、短期的なバイトの方が気分的にも気楽で、またバイト代の時給も良いみたいなので、短期的な工場のバイトは結構人気があるみたいです。
この様に工場は、作業も単純なものが多く賃金などの関係で長期的に業務を請け負うバイトより短期的に業務を請け負うバイトの方が人気があるのです。また、シフトの融通もあまり効かないみたいなのでそれを考えるとなおさら短期的なバイトの方がいいでしょう。
もし、接客業が苦手で工場でアルバイトして見たいという方はここら辺のポイントを把握して、バイト先の参考にしてみましょう。

 

 

                                                                 チェックバイト探しをするなら

 

バイト

 



新聞配達のバイトは大変?

新聞配達のアルバイトって朝から結構大変なイメージがありますよね。
実際に冬場は非常に厳しそうです。新聞配達のアルバイトは、どのような評判でしょうか。
新聞配達は、初心者はもちろん最初はこなすことができないので、付添いの方が一緒に最初の一週間は、様子を見てもらうそうです。
付き添って配達をしてくれる方は、面倒見の良い人が指導してくれるようです。もちろん、そうでない場合もあり得るので、心のどこかで覚悟はしておきましょう。

 

新聞配達は、配達する地区によって稼ぎも違ってくるそうですが、もちろんそういう配達地域はたくさんのお宅にポストしなければいけないので、注意が必要です。また、たくさんのお宅に配達するという事は時間もかかるので自分のこなせる量も考慮して、配達地区を選びましょう。

 

新聞配達員は、やはり朝一番なのがきついのではないかというのが個人の感想です。

 

後は、実際にアルバイトして見て、自分に出来るかどうか、その配達地区は楽かどうか、考えながらやっていきましょう。また、時間切れになるようなノルマはなるべく避けるようにしましょう。

農作業のアルバイト

収穫の秋。北は北海道から、南は鹿児島県沖永良部島まで、収穫・出荷の忙しい時期です。

 

運ぶ野菜のケースの重さも、野菜を選別する集中力も、秋の収穫シーズンだからこそ経験できるものでしょう。
近年は農作業のボランティアアルバイトと呼ぶ(ボラバイ)農産業をお手伝いるバイトがあります。

 

ある、男性(18歳)が2週間経験した、北海道の農家での体験談を紹介します。

 

今回が初めてのボラバイトでした。ボラバイトに行く前は受け入れ先のご家族がどんな方か、生活や仕事を続けられるだろうかという不安もありましたが、それ以上に自分のやりたいことが出来るという期待でいっぱいでした。受け入れ先のご主人や従業員のみなさんは作業中に気遣ってくれたり、ユーモアもたくさん言ったりと、とても楽しい職場でした、中でも印象に残っているのが子供たちと外で遊ぶ時の元気さです。

 

とてもついていけませんでした(笑)

 

作業中は失敗したり、足を引っ張ったりと迷惑かけてばかりいましたが、皆さんの励ましや作業のアドバイスをいただくことで立ち直ることができました!

 

北海道では少し小高い場所に行くと、アニメで見るような一面緑ののどかな景色が目の前に広がっていることはとても感動しました。

 

ボラバイト期間を通して僕が一番思ったことは「毎日新しい発見がある」ということです。

 

北海道の人の生活や自分が知っている農業と北海道の農業の違い、とれたての野菜のおいしさなど、自分の中で新しい発見とたくさんありました。2週間という短い間でしたがお世話になりました。