アルバイト 飲食店

飲食店のアルバイト

紅茶

 

飲食店のアルバイトといっても居酒屋からレストランまで、かなり範囲が広いとですよね。そのなかでも、厨房やお客さんの接待レジ係り等、様々ですが人によって得意不得意がありますから、もし飲食店のバイトをするならその事を、お店側に伝えたほうが良いと思います。
では、バイト希望者と経験者のQ&Aをお紹介します。
飲食店のバイトってホールとキッチンどっちが楽というかやりやすいですか?の問いに、ホールもキッチンも経験したことがあるのでどちらかと言うと飲食店自体バイトとしてはきつい部類だと思いますが、経験上ホールをおすすめします。やりやすさというか、とっつきやすさはキッチンかもしれません。ただ仕事量、内容ともにホールの方が楽です。よくホールは精神的にきついと言われますが、面倒臭い客がいるだけですぐに慣れます。仕事が出来るようになれば余裕も出てきますし、例え人見知りでも人前で喋れないとかそういうレベルでなければ大丈夫かと。
デメリットは客の前なので私語が出来ないことくらいですね。逆にキッチンは肉体的にはもちろん精神的にもきついです。調理方法さえ覚えてしまえば、あとは注文された品をつくるの繰り返しで、それをどれだけ早く丁寧にできるかという単調なスピード作業です。洗い場等も同じで、とにかくつまらないです。メリットは私語が出来ること。(店長や面子によりますが)手を休める暇はないですけどね。これは、あくまでも一部の体験談ですから実際に体験して、分かるものです。

 

                                                            チェックバイト探しをするなら

 

 

バイト

 



ラウンジのバイト

飲食店のバイト中でもラウンジでのバイトは時給もいい場合があります。

 

ラウンジのバイトについて簡単にまとめてみました。

 

ラウンジとは、休憩室やロビーなどのことを指す言葉で、ホテルなどでは、ラウンジバーやレストランなどが設置されているところも多くあります。
ただ、関西地方では低価格のキャバクラのことを指すこともあり、地方により使われ方が若干異なるようです。
なので、単純にラウンジでバイトしたいと言っても、紹介される場所が、希望の場所と違うこともあるので要注意です。

 

では、実際にラウンジでのバイトですが、バーはもちろん夜の勤務で、バーテンダーとしてカクテルを作ったり、水割りを作ったりする仕事や、清掃員、ウェイターやウェイトレスなどの接客など様々あります。

 

とくにお酒が好きな人などはバーテンダー希望する人も多いと思います。
シェイカーを振っている姿などは見た目にも恰好良いですしね。

 

また、バイト代も夜間勤務となるので、通常の昼勤務よりも時給が良く、稼ぐこともできます。

 

ただ、酔っ払いの相手もしないといけないということも頭に入れておかないと、後で苦労することも多々あると思います。

 

ということで、ラウンジでのバイトを希望している人は、自分がどの仕事をしたいのか考えてみてはいかがでしょうか?